クリンプビジョンモニター CVM

クリンプビジョンモニター CVM

製品紹介
最終的には目視検査に頼る絶縁バレル不良、
1本芯線はみ出し、浅打ち、深打ち、
傷や防水シールの挿入位置、切れ、反転等を
画像で検出。更に検査の省人化に近づきます。
機械の中で搬送経路にカメラを設置して
全数検査を行います。
クリンプカメラは、機械を止めずに見るために
2m・秒の動きの中でもブレない画像を高速
シャッターで取り込みます。
 
端子の電線カシメ不良検出に特化した
専用ソフトを用意しましたので、画像ソフトに
不慣れな方でも簡単に扱える内容です。
例えばカメラが取り込んだ画像で測定枠を
見たい箇所に設置して下さい。
何本かティーチモードで学習すれば直ぐに
運用が可能です。

《特徴》
自動圧着機の電線搬送経路に高速シャッターカメラを
設置。省スペースの光学系は外乱光の影響を受けません。

電線搬送の往路でミスストリップの検査が可能 
(追加の照明が必要)。復路で圧着ミスの検査を行います。

最大300枚までの良品画像を学習します。
特殊な平均処理により細かいバラツキを無視し、
不良のみを捕らえます。

カタログ PDFダウンロード

▲ Page Top